無料相談・査定

不動産のことならアップスタートへご相談下さい。

よくあるご質問

不動産売買に関して寄せられたご質問と、それへの回答を掲載しております。

売りたい方

価格査定は本当に無料なんですか?

所有不動産のご売却を検討される方の査定に関してはすべて無料です。
お気軽にご相談ください。詳しくは[売りたい方]へ

専門的な知識はなくても家は売れますか?簡単に売れますか?

ご安心ください。売却をするのに専門的な知識は要りません。また、アップスタートはお客様のご負担を極力少なくするために最大限の努力をいたします。

査定を依頼すると必ず売らなければならないの?

売る、売らないはお客様の判断です。査定依頼をしてご参考にしていただくだけでも大丈夫です。

売却する時は必ず査定価格で売らないといけないの?

売却価格は必ずしも査定価格である必要はありません。
しかしながら査定価格は不動産のプロが、客観的に物件を評価し、「この価格なら売れるであろう」と思われる適正価格を算出したものです。査定価格を大きく上回る金額で売りに出すと、売却までに期間を要し、査定金額を下回る額でしか売却できなかったというケースもあります。売却価格は金額、時期などのご自身に合った最適な売却方法を考慮して、担当スタッフとよく相談してから決定しましょう。

不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?

不動産の売却方法を大きく分けると2種類あります。
不動産会社に買主を見つけてもらう販売方法と不動産会社に直接買い取ってもらう方法です。じっくり時間をかけるゆとりがあり、できるだけ高く売りたい方は買主を見つけてもらう方法、多少安くなってもいいので直ぐに売りたい方は不動産会社に直接買い取ってもらう方法を選択されます。その為、早く売却する場合は買取の方が比較的早いので、ご希望のお客様は弊社の不動産買取システムをご利用ください。

居住中でも売却出来るの?

出来ます。
居住中でも売却活動をしている方は多いですし、特に住み替えを考えている方は住み替え先を探しながら、同時並行で売却を進める方も多いといえます。注意点としては買主様に引渡する時期を決める際に引越期間を考慮しなければならないということですが、このタイミングにつきましては弊社の経験豊富なスタッフにお気軽にご相談下さい。

ローン残高が多いと買い替えは出来ないの?

これまでは、現在のマイホームの売却収入でローンが完済できないときは、その不足分を返す返済資金を工面する必要がありました(抵当権を抹消する必要があるため)。しかし最近は売却収入を充てても返済しきれないローン残高を上乗せして融資する「買い替えローン」(「住み替えローン」という銀行もあります)を扱う銀行もありますので、ご相談ください。

不動産を少しでも高く売却できますか?

アップスタートでは、お客様の大切な不動産を少しでも高く売却するために、全面的にお客様をサポートさせていただいております。従来の不動産会社とは違い、完全に売主様の立場にたったサポートを提供しています。

住宅ローンの返済が滞っている。競売にかかりそうだけど、どうすればいい?

今すぐご相談ください。
このようなケースの解決策としては、任意売却と言って、所有する住宅を売却し、売却したお金で債務の一括返済を行う方法があります。ただし売却額が債務より少額になってしまうとローンが残ってしまうケースもあります。弊社にご相談いただければ債務が売却額よりも多い場合でも、弊社が金融機関などと交渉し、支払額を軽減するなどのお手伝いを行います。このようなケースはとにかく時間が勝負になります。住宅ローンでお悩みの方はすぐにでもアップスタートにご相談下さい。

売却のための広告費用などは、報酬額とは別に払うのですか?

原則的には、お支払いいただく必要はありません。ただし、お客様のご要望により特別な広告を実施する場合等は、実費をご負担いただく場合もございます。その際は、あらかじめ担当者からご説明させていただきますのでご安心ください。

ご近所に気づかれないように、査定を行っていただくことはできますか?

一般的な乗用車で査定に伺うので、ご近所様には気づかれません。
スタッフも基本的にスーツ着用の者がお伺いしますのでご安心ください。

売る前にリフォームした方が良いの?

購入希望者に対して印象をよくするために、リフォームやクリーニングをする場合もあります。しかし、リフォームにかかった費用が、売却価格に必ず反映されるわけではありません。しかし、売却自体が難しくなるような汚れや修繕が必要な個所がある場合は事前のリフォームやクリーニングをしたほうが有利になることもありますのでご相談ください。

不動産を売る時にかかる費用は?税金は?
  • ・仲介手数料(売買代金が400万円以上の場合は、売買代金の3%+60,000円プラス消費税)
  • ・印紙代(売買契約書に貼付する印紙や、場合によっては各種領収書に貼り付ける印紙が必要となる場合があります)
  • ・登記費用(抵当権抹消費用・司法書士手数料等)※住宅ローンが残っている場合のみ
  • ・譲渡所得税・住民税(不動産売却により、譲渡益が生じた場合、その利益に課税されます)
売れなかった場合、費用はかかるのでしょうか?

基本的に、費用は発生しません。(成果報酬のため)
一般的に行われる広告費や、不動産購入希望者の現地見学に関わる費用は、売買契約時に発生する仲介手数料に含まれているためです。ただし、例外として売主側の特別な依頼を元に発生した広告費などの「実費」などは請求される場合があります。不動産会社との媒介契約の際、契約書内容を確認して、疑問があれば納得いくまで説明してもらいましょう。

仲介と買取は何が違うのですか?

仲介か買取かは、優先事項によって変わってきます。詳しくはこちらをご覧ください。

不動産を売る時の流れは?
不動産売却で失敗しない「秘訣」賢く売る方法はありますか?

買いたい方

まとまった金額の頭金が無くても、土地付きの一戸建てマイホームを手に入れることはできますか?

できます。
これまでご契約いただいたお客様のほとんどが、まとまった金額の頭金をお持ちでは無い方でした。金融機関によって条件が違う場合もございますので、お客様のご要望や資金計画に最も適したご提案をさせていただきます。もちろん、銀行選びから面倒で難しい住宅ローンの手続きまで、一緒にお手伝いさせていただきます。 ※ただし、ご契約時には手付金や請負契約書に貼る印紙代など、約10~30万円前後の金額は必要となりますので、予めご注意ください。

年収は約300万円未満ですが、 マイホームを手に入れることは可能ですか?

可能な場合もあります。
まずはお客様ご自身のこと、ご家族のことを教えてください。色々な方向から無理なく手に入れられる方法を探していきます。

最近転職をして勤続年数が少ないですが、住宅ローンの利用は厳しいのでしょうか?

金融機関によって審査の基準は異なりますが、勤続1年以上が借りられる目安となります。それより短い場合でも借りられる場合もございますので、弊社担当者にご相談下さい。

不動産業者に支払う媒介報酬額はいくら?

売買価格が200万円以下は(5%+消費税)、200万円超~400 万円以下は(4%+2万円)+消費税、400万円超は(3%+6万)+消費税です。

内覧したい物件をその日すぐに内覧できますか?

物件が空家で、なおかつ鍵が弊社にある場合は、すぐに内覧可能です。物件が居住中や弊社に鍵がない場合は、鍵の手配や売主さんと内覧日時の設定をした後になります。

購入時の手付金はどれくらい必要なのですか?

手付金を極力抑えることはできますが、一般的には手付金は売買代金の10%を売主様に支払う事が多いです。契約を解除したい場合に手付金を放棄することで、無条件で契約を解除することができます。したがって、簡単に契約の解除ができないように売主様、買主様にとって、小額の手付金はあまり望ましいものではありません。

住宅ローンを利用したいのですが、車のローンがあります。それでも借りることはできますか。

審査の前に完済するのがベターですが、住宅ローンの月々の支払いができるかどうかの審査が行なわれます。車のローンがある場合はそのローンの毎月の返済額もよく考えなくてはなりません。利用中のローンが多い場合は、住宅ローンの借入額に影響します。

住まいの購入時の諸費用はどのくらいかかるものか教えてください。

引越し代等も見込んでおく他に、売買代金以外にかかってくる諸費用については、登録免許税、印紙税、ローンを利用する場合の事務手数料、不動産取得税等の税金や、保険料、保証料など、さらに中古物件などでは仲介手数料もかかってきますので、一般的に売買代金の6%~9%程度かかります。準備は万全にしておきましょう。

中古物件を購入してリフォームをしたいと考えていますが、どうしたら良いですか?

資金計画や物件によっても違いますが、物件の購入からリフォームもアップスタートがサポートいたします!※住宅ローンでもリフォーム費が借りられます。

売買契約した後で、万一住宅ローンが借りれなくなった場合どうなるの?

契約の条件として、住宅ローンの融資を受けられるお客様は、ご契約後、一定の期間内に住宅ローンの融資の承認が得られない場合には、契約を解除することができます。 この特約条項があるかないかを契約時に確認することが大切です。 この場合は、売主に支払った手付金は無利息にて返金されます。

0166733021